次亜塩素酸は効かない?消毒用製品2つの違いに注意です

 先日からの報道で次亜塩素酸はコロナに効かないの?との声を聞きましたので調べました。

一般の消費者の方も混同しやすい間違いを載せておきますので、情報共有をお願いいたします。

タノールタノールは違います。

手指の消毒に適しているアルコールは

タノール

×タノールは燃料用アルコールです。

(注意)メタノールを手指消毒に用いると皮膚から吸収され、その吸収量によっては中毒を起こします。メタノールは消毒用に絶対に使用しないで下さい。

  ②次亜塩素酸ナトリウム次亜塩素酸は違います。 

NITE=製品評価技術基盤機構は新型コロナウイルスの消毒目的で利用が広がっている「次亜塩素酸」について、現時点では有効性は確認されていないとする中間結果を公表しました。NITEでは噴霧での使用は安全性について科学的な根拠が示されていないなどとして控えるよう呼びかけています(NHK報道内容) 

厚生労働省が、アルコールに代わる器具などの消毒に勧めているのは、「次亜塩素酸ナトリウム0.05%に薄めて利用することです。 

次亜塩素酸ナトリウム」・・・ハイターなど漂白剤として販売。強いアルカリ性で塩素臭が強い。必ず薄めること。噴霧はできない。 

△「次亜塩素酸」・・・弱酸性など肌に優しいとして近年多く商品化されている。新型コロナウィルスには有効性が確認されていない。食品添加物としては安全性の確認された優れた殺菌剤とのこと。

(注意) 0.05%の次亜塩素酸ナトリウム(薄めた漂白剤)」の使い方のまとめ

1.塩素系漂白剤を薄めるときの重要な注意事項

・十分な換気を行う

・直接手に触れないよう、家事用手袋をする

・塩素系漂白剤を酸性溶液と混ぜると、塩素ガスが発生するので危険

2.使用時に蒸気を吸い込んだり、目に入らないように注意する

3.ドアノブなどの身近な物への消毒後は水拭きする(腐食する可能性がある)

4.冷暗所に保管しながら数日間で使い、残ったら捨てるということを目安とする